前へ
次へ

自宅で幼児教育を進める際もテストを行う

テストと聞くとあまりイメージを持たない人が多いかもしれませんが、自宅で幼児教育を行う場合もしっかりと

more

教育が充実している語学スクールは

やはり、教育カリキュラムが充実している語学スクールを選ぶことが、しっかりとした勉強する上では重要とな

more

教育者だからこそ得られる喜び

中学校教諭として教育の現場で働いていますが、中学校においてはさまざまな年間行事があるので、いろいろな

more

学習意欲を向上させる教育を目指す

これからの教育には、様々な変化に対応することが求められています。まず学習意欲を向上させる努力をすることがあげられていて、生徒の多様性に合わせた教育をしていく必要があります。学習意欲とはどのような考え方をすると良いのかというと、まず将来の目標を設定してあげたり、またはモチベーションを高めることに注目をすることです。特に小学生のうちには好奇心が旺盛な時期があるので、そのときに最善の教育を提供することで、学習意欲を向上させることができます。中学生になるとレベルアップした勉強になるために、ついていけなくなり落ちこぼれる可能性が高くなりますが、こういった生徒を出さないようなサポートをしなくてはいけません。サポートには学習意欲を向上させるプログラムが一番で、対話的なコミュニケーションを目的とするのが大切です。ここで間違ってはいけないのが、あくまでも学習意欲とは自発的なものに限定されるので、やらされるような感覚にならないように注意をする必要があります。言葉では簡単ですが、なかなかできないことからも教育システムの改善や、先生のキャリアアップなども同時にやっていくことで学習意欲が向上すると考えられます。効果的な事には、問題解決学習ではグループワークを主体として、仲間で学習の答えを見つける作業やわかっている人が答えを合わせて、みんなに教える作業なども効果的です。特に先生に答えを教えてもらうよりも、同じ仲間から教わることで感覚的なものが違いますし、すんなりとイメージで入ってくることもいわれています。その他にもディスカッションやディベートをやってみると、同じ仲間との話し合いの元に価値観の違いを感じ取ることができ、また話し合いの中で感情も整えることが可能です。今の教育段階では新しい試みでもありますが、実際にやってみると成果を期待できます。教育はすぐに成果が出るわけではありませんが、アップデートすると違った形で進むことも可能です。

軽いお荷物運び何なりとお申し付けください

Page Top